menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

不動産ナレッジベース

2軒めを買いたいけど、ローンはどうしたらいい?

女性

いまは都内でマンションに住んでいます。これからは湘南方面に庭つきの一戸建てを新たに買って、仕事に合わせて往復しながら住もうと考えています。


1軒めで住宅ローンを組んだら2軒めは組めないと言われたのですが本当でしょうか。また可能だった場合はどうやって買えばいいのでしょうか。住宅ローンはひとつにまとめることは可能でしょうか

no image
位高 克成

住宅ローンを二重で組めるかどうか、ひとことで言ってしまうと「金融機関しだい」です。


無条件に「住宅ローン2本」を認めてくれる銀行だとよいのですが、多くの銀行では原則「住宅ローン」は1契約としています。これは「住宅ローン」が「ローン対象物件に債務者当人が実際に居住すること」を条件に低金利で貸し付けをしているという理由によるためです。購入後には「住民票」を一時的にでも移すことが必要になります。


2本めの「住宅ローン」は現在お支払いいただいている銀行とは別の金融機関でご相談ください。同じ銀行での住宅ローン2契約は前述の理由で断られますのでセカンドハウスローンなど金利の高いローンになってしまいます。もちろん、ローン対象物件の担保価値に問題がないこと、二重ローンを組んでも返済能力が確かなことが大前提になります。


各々の物件に「居住すること」を条件に融資をしますので、「住宅ローン」をひとつにまとめることはできません。

no image
秋葉 翔太

購入可能です。すべての金融機関ではないですがセカンドハウス用の住宅ローン商品を扱っています。そちらの金融機関を使用していただければセカンドハウスの住宅ローンを組むことは可能です。


ただし注意事項が何点かございます。現在の住宅ローンの残債との返済比率 (年収に対する住宅ローンの割合) が、各金融機関の基準に達していないことが条件となります。また融資の条件がお申し込みいただくご本人がお住まいになる住宅の場合となっており、賃貸として貸し出す場合は使用できません。


住宅ローンの一本化に関しては、可能ですが非常に難しいです。金融機関の提示してくる条件が厳しいことが多いので、“不可能ではない” と思っていただくのが妥当かと思います。

no image
藤原 謙吾

基本的に金融機関は1世帯につき住宅は1戸という考えを持っています。そのため住宅ローンも1世帯につき1住宅ローンと考えます。しかしこれはあくまで基本的な考えかたです。絶対に2軒めは住宅ローンを組めないかというとそうではありません。


取り扱いのできる金融機関は限られてしまいますが、年収に対する現在の住宅ローン返済額と新たな住宅ローン返済額の合計金額が金融機関の審査基準に収まっていれば2軒めの住宅ローンを組むことができる金融機関もあります。代表的な例で挙げますと、フラット35はセカンドハウスに対する住宅ローンが組めることを大きなウリとして打ち出しています。もちろんほかの金融機関でも取り扱いのできる場合がありますので、現在の住宅ローンの内容が分かる資料をご用意いただき相談してみてください。


なお、住宅ローンは金融機関が融資実行時に融資額の抵当権を対象不動産につけますので、後から別のお借り入れとおまとめすることはできません。