menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

女性

夫が住宅ローンの審査中です。私 (妻) は合算もしませんし、保証人にもならない形です。現在私名義のマンションに居住しているのですが、私が独身のときに組んだ自分名義の住宅ローン残高が300万円あります。


夫が住宅ローンの申し込みをした銀行から妻の年収と住宅ローン残高証明を求められ、提出しました。しかしなぜそれらが必要だったのかまったくわかりません。なぜ、夫の住宅ローンに妻の年収やローンの金額が必要なのでしょうか。


住宅ローンとは借り入れる本人と住宅の担保価値の審査ではないのでしょうか。妻の年収や不動産や借り入れの証明を提出しなければいけないのでしょうか。

no image
秋葉 翔太

銀行本体よりも保証会社の意向と思われます。銀行の審査は大丈夫だったにも関わらず保証会社からのリクエストで専業主婦の奥さま (年収0円) を連帯保証人につけてくれと言われた事例もあります。


返済能力は問題ない場合でも保証会社は保険をかけたいのでしょうね。

no image
一戸 良介

奥さまとふたりでローンを組む、もしくは奥さまが旦那さまの保証人となる場合は必要ですが、ご質問の内容だと事情が違うようです。ご主人の収入から奥さま名義のローンを実質支払っていないのかどうかを判断するためで、ご主人の返済比率を計算する収入の元となる数字の根拠のためです。奥さまが現在その返済を行う収入があれば問題ありません (奥さま自身が支払っている根拠がほしいだけです) 。


奥さまが現在は働いていても家庭の事情で離職や休職した場合にどうなるのかという情報が銀行はほしいのだと思います。これは同じケースならほぼどこの金融機関でも要求されますから、仕方ありません。