menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

不動産ナレッジベース

住み替えしたい! 先に売却するべき? or 購入するべき?

女性

10年前に結婚して7年前に3LDKの新築マンションを購入しました。5年前に第一子が、3年前に第二子が生まれました。そろそろ子どもも大きくなり手狭になってきたので、現在の中古マンションを売却して4LDKの新築戸建に住み替えたいと思います。


そこでひとつ確認したいのですが、住み替えは売却を先にしたほうがよろしいでしょうか。それとも購入を先に行って売却したほうがよろしいでしょうか。

no image
稲井 誠

まず所有物件の残債、ご自宅の売却相場、ご自身の年収や買い替え希望先の条件を不動産業者に相談されてみてください。


現在の自己資金もないし、残債がたっぷり残っていて売れないと次の物件が買えないというお客さまは売却先行になります。メリットとしてはいつまでに売らなければいけないという時期がないため、焦って売却する必要もないということです。デメリットは住み替え先でほしい物件があっても資金の調達が難しいため売却中に終了してしまうという点です。


購入を先に行われるお客さま(購入先行)は、残債がない・もしくは少ない、ほしい物件がある、いますぐ引っ越したいというお客さまに適しています。メリットはほしい物件が買えるということです。デメリットは住宅ローン支払いがダブルになる可能性がある、
自宅を一定期間までに売却しなければいけない可能性があるということです。


まずは、信頼できる不動産業者へ相談されるのがよろしいかと思います。