menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

不動産ナレッジベース

ペアガラスは電気代の節約にもなる?

女性
ペアガラスは高い断熱性があるというお話を聞いた事があります。
エアコンの熱も逃げやすくなりますしょうか?
そうすると電気代も節約が出来ると思うのですか、如何でしょうか??
no image
清水 富士夫
一般の住宅では、住宅の窓から夏期に住まいに侵入してくる熱のうち「窓」を通して侵入してくる割合は53%、冬期に逃げる熱のうち「窓」から放出される割合は37%にもなると言われております。

通常のペアガラスは3ミリのガラスと6ミリの空気層、3ミリのガラスでサンドイッチされております。空気層の幅が広い方が、より熱も逃げにくいですし、結露も防げます。1枚ガラスに比べますと、電気代は節約になります。空気層を設ける事で、温かい空気と冷たい空気が交わる事が少なくなりますので、結露も防げます。電気代節約の他にも、結露や、カーテンのカビも同時に防ぐ事が出来ます。

現在のペアガラスにはLow-Eガラスがあります。
また、Low-Eガラスにも二つの種類があります。

1つは複層(2枚)ガラスの室外側に特殊金属膜(Low-E膜)をコーティングして、外からの日差しカットする遮熱タイプ。もう一つは複層ガラスの室内側のガラスに特殊金属膜をコーティングして室内の熱を外に逃がさないようにする断熱タイプです。断熱タイプにして頂くと断熱性も高くなります。寒い地域では多く使用されております。

窓ガラスに省エネ等級表示のシールが貼られています。

四つ星は、最高級のエコガラス
三つ星は、通常のエコガラス
二つ星は、普通のペアガラス

と、覚えていただければいいと思います。

省エネルギー対策等級4による
年間空調電気料金
平均で約15,900円の節約と調査結果が出ています。(広さや、構造により変動)

断熱性が高くなりますので、外に空気が逃げませんし、外からの空気を室内に
極力入らないようにさせております。
その結果、室内の温度の変化が少なく済みますので、光熱費も節約できます。

簡単ですが、以上です。