menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

不動産ナレッジベース

家を素早く売る場合は一般媒介契約が有利?

女性

一日でも早く売りたいので、さまざまな不動産会社が売却を手がけてくれる一般媒介でお願いしたいと考えてます。早く売却するなら一般媒介のほうがいいですよね?

no image
石井 聡美

相場よりもお安く売却する場合は有効な手段かもしれませんが、相場以上の価格での売却をお考えの場合は専任・専属専任媒介契約をお勧めします。


一般媒介契約のメリットは複数の不動産業者に売却の依頼をすることができるということですが、そのぶんインターネット上で同じ物件が複数の業者さまから掲載されます。市場のイメージとしては、この物件は売り急いでいるのかな? 売れ残っているのかな? と思われることが多く、大幅な価格交渉など入ってきてしまう場合もあります。またいままでお話しされたことがない不動産業者からも突然電話・訪問・手紙などがたくさん来てしまいます。


その点、専任・専属専任媒介契約は窓口が1社ですが、不動産流通機構 (レインズ) に必ず掲載しなければいけない義務 (宅建業法) があり、ほかの不動産業者もそのサイトを通じてお客さまの物件をご紹介することができます。さらに売却の活動報告の義務などがあり、具体的な売却の進捗状況を小まめに連絡させていただくため、私たち不動産業者は専任・専属専任媒介契約をお勧めしています。


まずはいくつかの不動産業者に現地を査定してもらい、その会社の特徴や強みなど聞きながら選択されたほうがいいと思います。