menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

不動産ナレッジベース

なぜ住宅購入後に生命保険を見直したほうがいいのか?

女性

よくファイナンシャルプランナーの方が不動産購入後に保険を見直しするべきとおっしゃられています。なぜ不動産購入後のタイミングで保険を見直しをするべきなのでしょうか。見直しをすることでメリットはありますでしょうか。

no image
秋葉 翔太

結論から申し上げると「必須」です。


住宅ローンを組む際団体信用生命保険という保険に加入します。借入金額が4,000万円の場合、保障金額が4,000万円です。


いままで加入していた生命保険で掛けていた保障額が6,000万円としましょう。いままで足りていた必要保障額が4,000万円分UPして1億円の保障となります。つまり、既存生命保険の保障額を4,000万円分下げられる可能性が高いということです。仮に毎月の支払いを6,000円下げられた場合、住宅ローン換算すると約200万円分。


住宅の購入をその項目だけで判断せずに家計全体で考えて重複する項目を削ってください。同じ1万円が2万円、3万円の効果を生むように、効率よく資金を活用していきましょう。