menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

女性

住宅ローンを組む際に大きな病気経験があると組めないと聞いたことがあります。具体的にはどの病気経験があると組めないのでしょうか。


もしそのような病気を経験した場合でも組める方法はありますでしょうか。

no image
稲井 誠

通常、住宅ローンを受けるには団体信用生命保険の加入が必要です。この団体信用生命保険が否認されてしまうと住宅ローンが組めなくなってしまいます。


団体信用生命保険の申込書内容は以下のとおりです。



  1. 最近3ヶ月以内に医師の治療 (診察・検査・指示・指導を含みます)・投薬を受けたことがあるか。

  2. 過去3年以内に以下の病気で手術を受けたこと、または2週間以上にわたり医師の治療 (診察・検査・指示・指導を含みます) ・投薬を受けたことがあるか。


    • 心臓・血圧 : 狭心症、心筋こうそく、心臓弁膜症、先天性心臓病、心筋症、高血圧症

    • 脳 : 脳卒中 (脳出血・脳こうそく・くも膜下出血) 、脳動脈硬化症

    • 精神・神経 : 精神病、神経症、てんかん、自律神経失調症・アルコール依存症

    • 肺・気管支 : ぜんそく、慢性気管支炎、肺結核

    • 胃・腸 : 胃潰瘍、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎

    • 肝臓・すい臓 : 肝炎 (肝炎ウイルス感染を含む) 、肝硬変、肝機能障害・すい炎

    • 腎臓 : 腎炎、ネフローゼ、腎不全

    • 目 : 緑内障、網膜の病気、角膜の病気

    • 新生物 : 肉腫、白血病、腫瘍、ポリープ

    • そのほかの病気 : 糖尿病、リウマチ、膠原病、貧血症、紫斑病

    • 女性にのみ告知 : 子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、乳腺症



  3. 手・足の欠損または機能に障害があるか、または、背骨 (脊柱) ・視力・聴力・言語・そしゃく機能に障害があるか。


1.〜3.に「はい」と告知した場合、病気やけがの名前・障害の内容などや治療・投薬期間、入院・手術の有無、症状経過、終診年月、現在の症状・治療内容・投薬内容を告知する必要があります。また高血圧症の場合は血圧値、糖尿病の場合は合併症、血糖値、投与薬剤名などの告知も必要です。


このような告知内容をもとに団体信用生命保険を引き受ける生命保険会社の独自の判断で加入の可否を判定します。よって記載されている病名であれば絶対加入できないというわけでなく、あくまでも生命保険会社の判断です。


万一否認されてしまったらフラット35をお勧めします。フラット35は団体信用生命保険は任意のため、加入しなくても融資が可能です。