menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

不動産ナレッジベース

マンションの耐用年数は?(RC)

男性
マンション購入を検討しています。中古のマンションを探していると、手ごろな価格のものは築40年を超えていたりするのですが、マンションの寿命は何年くらいなのでしょうか?
no image
稲井 誠
"「鉄筋コンクリートは寿命が長い」と言われます。税法上の耐用年数によると、鉄筋コンクリート住宅は47年です。
国が資産としての価値をこの年数で定めております。
ただ、上記の耐用年数は税法上定められている資産価値の話であり、それ以上経つと住めなくなるというわけではありません。
使い方やメンテナンスの頻度によってはそれ以上に持たせることも充分可能です。
建築工学上ではコンクリートの中性化という浸食作用によって、内部に埋められた鉄筋の位置に達するのが60年ほど。
つまり鉄筋があらわになると、鉄筋が錆びて鉄筋コンクリート住宅は寿命を迎えるというわけです。しかし、この計算がなされた昭和時代、
コンクリートの表面から鉄筋までの厚さ(=かぶり)は2センチ。この2センチが浸食するのが60年というわけですから、30年で1センチ浸食していく計算になります。
今はその頃よりも材料が進化しており、またかぶりの厚さを厚くすれば、それだけ寿命が延びるという計算になります。 "