menu

YOKOHAMA.STYLE 「横浜に住みたい」をトータルサポート
横浜スタイル

不動産ナレッジベース

祖父の依頼で土地を売りたいが、委任状ってどうやって作るの?

女性
祖父が、相続前に様々な資産を現金化して、事前に振り分けようとしています。

そこで、所有している不動産も売却しようと考えているようですが、祖父も体が悪いため、私に売却の手続き関係を一任させたいようです。
まだ不動産屋さんにはお話していませんが、祖父の持ち物ですから委任状が無いと売却手続きを私が行うことができないと思います。
そこで、私と祖父とで委任状を取り交わす時に、どういう書式で行えばよろしいでしょうか?
no image
稲井 誠
祖父の意識がはっきりしているのであれば委任状で対応は可能です。
具体的には不動産業者が委任状を作成してくれますが、当事者の記名押印(実印で押印)箇所、
「【物件名】の売買契約における全ての権限を下記代理人に委託します」などの文言を入れます。
この委任状のほかに当事者通しの印鑑証明書も必要となります。
上記の準備が整えばいつでも売却は可能になります。

祖父の意識が難しい場合は、裁判所に後見人の申し立てをしてからの手続きになり、
時間が多少かかってしまいますので、祖父が元気なうちに相続対策の準備として
まずは不動産業者へご相談してください。